アヤナス/アイクリームの実体験口コミ!若返りの真実を大暴露!

見た目年齢-10歳を実現し、目元の様々な悩みに効果抜群と話題のアヤナスASアイクリームを実体験!果たして口コミは本当か!? 若返りの真実を大暴露します!
MENU

寝ている間にもお悩みケア!保湿力抜群のアヤナス”ナイト”アイクリームのおすすめ活用法府

起床後の目元に乾燥やつっぱりを感じている人はいませんか?その理由は、夜のケアが不十分で、寝ている間にうるおいが逃げてしまっているからです。
そんな時こそ、”ナイト”アイクリームとして寝ている間にアイクリームを最大限活用しましょう!!
アイクリームには、睡眠中の肌を潤いのヴェールで包み、水分蒸発を防ぎながらも美容成分を届けてくれる効果があります。夜ちゃんとケアをしているはずなのに、翌朝うるおい不足を感じる…という人は、寝ている間のアイクリームを付け加えてみることをおすすめします。

 

なぜ!?アイクリームが寝ている間に効果を発揮する理由

 

一般的な多くのナイトクリームは、肌にぴったり吸いつく高密着タイプのもが主流です。また、美容成分が豊富に配合され、油分も多いのが特徴です。そのため、肌を油分で覆い保護膜をつくって乾燥を防ぎながら、肌にうるおいやハリ、ツヤの成分を届けることができます。
肌に栄養を与えるという点では、美容液を塗るだけで十分だと思っちゃいますよね!?しかし、ナイトクリームは、肌にいれたスキンケア成分を逃さず蓋をするという役割もあるので、スキンケアの最後にはクリームで肌をガードすることがより効果的ということです。
このナイトクリームの特徴を踏まえてみてもアイクリームが寝ている間に効果的なのは必然と言えるでしょう。なぜならアイクリームの特徴は、「油分でフタをして、水分の蒸発を防ぐこと」だからです。

 

寝ている間に”ナイト”アイクリームのケアは昼間受けた目元のダメージを修復してくれる!

昼間の肌は、さまざまなダメージにさらされています。紫外線、空気の汚れ、乾燥などによるダメージは肌に少しずつ蓄積されていき、シミ、シワ、乾燥、たるみ、くすみ、毛穴の開きといった肌悩みの原因となります。
昼間に受けたこれらのダメージを修復するのが、寝ている夜の時間です。ここでアイクリームには、肌のダメージをケアするために必要な成分も
多く含まれています。アイクリームを使った翌朝の肌が、しっかり保湿され潤って、柔らかく整っていれば肌に合っている、という目安にもなります。

 

乳液・美容液・オイルとクリームの違いは?

・乳液とクリームの違いは、水分量と油分の量のバランスが異なること。乳液の方が油分が少なめで軽い使い心地だから、べたつく夏などは、乳液だけでも大丈夫。逆に乾燥が気になる冬などは、乳液+クリームでしっかり保湿するといい。
・美容液は油分を中心としない保湿成分が多く含まれているので、美白やリフトアップなど、プラスアルファな効果が期待できます。美容液だけで保湿が十分なら、朝などはクリームを使わなくてもOK。
・オイルはその成分が肌の組成組織と似ているので、肌への浸透力が高いことで人気です。こちらも油分を補う効果は高いので、オイル特有の使用感などが気に入れば、クリームに頼らない保湿が可能。

 

使う順番としては、一般的に「化粧水→美容液→乳液→クリーム」と濃いもの(油分が多いもの)が後になります。ただし、メーカーによっては独自の順番を推奨していることもありますので、使用順序は説明書にしたがうようにしましょう。

 

寝ている間に効果を発揮してくれる”ナイト”アイクリームのおすすめ成分

アイクリームにはさまざまな種類があるうえに配合されている成分も多く、何を基準に選んだらいいのか、迷う方も多いですよね。そこで、ここでは目的に応じて寝ている間に効果を発揮してくれるる代表的な成分をご紹介します。

 

アンチエイジングにおすすめの成分

・フラーレン
ダイヤモンドと同じように炭素でできた成分。強い抗酸化力が特徴で、エイジングの原因となる活性酸素にアプローチするといわれています。
・レチノール誘導体
紫外線によるくすみやシワ、乾燥による小ジワなどに働きかけるといわれる成分で、水には溶けにくく油分に溶けやすい性質をもっています。

 

保湿におすすめの成分

・セラミド
角層にある細胞と細胞の間を埋めている細胞間脂質の、約40%を占めている保湿成分。水分を維持する力がとても高いといわれています。
・コラーゲン
肌の弾力を高めるイメージがありますが、化粧品では保湿成分として配合されています。角層内の水分をしっかりキープする成分です。
・エラスチン
もともと肌に存在している成分で、肌の中ではコラーゲンを束ねてハリを保つ役割があります。化粧品においては、高い保湿力で、角層内にうるおいを与えます。

 

美白におすすめの成分

・トラネキサム酸
メラニン生成をつかさどる酵素チロシナーゼを分解し、シミの元となるメラニンの生成を抑えます。肝斑の治療でも使われている美白成分です。
・ビタミンC誘導体
できてしまったメラニンを還元しながら、活性酸素を抑えてメラニンがつくられないように整えます。
・ハイドロキノン
チロシナーゼの働きを抑えながら、紫外線によって酸化したメラニンを還元して、メラニンの色を薄くしていきます。

 

寝ている間のアイクリームケアの効果を高めるために心がけたいこと

まずはこれが大事!一日の肌の汚れをしっかり落としてから使用することで効果を最大限に高めることができます。アイクリームに配合されている美容成分をしっかり肌に届けるためには、まず肌の汚れをきちんと落とすことが大切です。毛穴に汚れが残っている場合は吹き出物やニキビの原因になることもあり、せっかく効果的なアイクリームの浸透を妨げてしまいます。クレンジングや洗顔を丁寧に行って、汚れをしっかり落としましょう。

そして、睡眠も大きなポイントです。肌の修復をサポートする成長ホルモンの分泌を促すためにも、22~24時には眠りにつき、お肌にとってのゴールデンタイムを逃さないことをおすすめします。また、睡眠は量よりも質が大切。ぐっすり深く良質な睡眠をとるためにも、寝る前の入浴やストレッチ、心地よく感じられる寝具などを活用して、心も身体もリラックスさせろことも大事になります。

 

敏感肌の女性が救われた嬉し悲鳴が続々と!
このページの先頭へ